Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

税務・会計

News新着情報

2022/12/02

グループ会社の法人税に影響を与える『グループ通算制度』とは?NEW

2020年度の税制改正で導入が決定したグループ通算制度が、2022年4月1日からスタートしました。当制度の導入により、既存制度と何がどう変わるのか、気になっている人も多いことでしょう。この制度は...

2022/11/04

個人や法人が使える主な『控除』とは

個人事業主や法人が確定申告を行う際には、所得税や法人税の計算上いくつかの控除を受けることができます。たとえば、所得税は課税所得金額に税率を掛けて算出しますが、このとき、算出した所得税額から直接控...

2022/11/03

法人税の申告が間に合わないときは期限の延長を申請しよう!

法人税は、事業者が自ら税務署へ申告を行い、確定した税額を納付する仕組みがあります。納税に関しては、法人税法により、事業年度終了日の翌日から2カ月以内に申告を行うように定められており、税金の納付期...

2022/11/02

30万円未満の固定資産を一括で経費計上できる特例制度について

事業に使用する建物や車両、設備などの固定資産は、時間が経つにつれ価値が減っていきます。そのため、取得した年だけに経費計上するのではなく、耐用年数と同等の年数をかけて費用化します。この会計処理を『...

2022/09/13

税制改正で禁止に!『課税の繰り延べ』などを活用した節税スキーム

課税の繰り延べとは、特例措置等を活用して課税を将来に先延ばしにする行為のことです。一時期、この課税の繰り延べを行うために、建築資材の足場を購入して別会社にリースする節税スキームが流行し、多くの一...

2022/09/12

無償で資産を譲り受けた場合に会計処理が必要な『受贈益』とは

資金調達のために寄付型のクラウドファンディングを行った場合、支援者から受け取った支援金は『贈与』または『受贈益』として会計処理します。同じく、他社から資産を譲り受けた場合も受贈益として処理するこ...

2022/09/09

スタートアップを助ける『オープンイノベーション促進税制』とは

『オープンイノベーション促進税制』は、生産性の向上や新規事業の開拓などを図るために、出資企業とスタートアップ企業の協働を促進させる目的で2020年に創設されました。オープンイノベーションの動きを...

2022/09/08

『法人版事業承継税制』の期限が1年延長、その影響は?

2022年度の税制改正によって、事業承継時の贈与税・相続税負担を実質ゼロにする、『法人版事業承継税制』の適用に必要な計画の提出期限が、2022年度末から2023年度末に延長されることになりました...

2022/07/19

期限延長!『交際費等の損金不算入制度』

税務会計における交際費とは、取引先などに対する接待や贈答などを目的とした支出のことです。税務上、交際費は原則として損金算入できないことになっていますが、期末の資本金の額または出資金の額が1億円以...

2022/07/15

会社設立時に発生した費用の経費計上と会計処理について

会社を設立する際に発生する費用は、経費として計上することができます。具体的には、設立準備から設立までの期間の支出は『創立費』、設立してから実際に事業をスタートさせるまでの期間の支出は『開業費』と...

2022/06/15

税金やお金の流れがよくわかる『決算書』の見方

決算書は、企業の一定期間の経営成績や財政状態等を示す書類であり、確定申告の際にも必要な大切なものです。決算書を見れば、その会社の経営実態や納める税金の額を知ることができます。そこから経営上の問題...

2022/06/14

消費税の軽減税率が適用される『一体資産』の条件とは?

2019年10月に、消費税が8%から10%に引き上げられ、同時に軽減税率制度も適用開始されました。軽減税率とは、特定の品目に対して消費税の税率を8%に据え置く制度のことで、飲食料品や新聞などが対...

2022/05/13

知っておこう! 強制力や期間で異なる税務調査の種類

税務調査は、誰もが対象になる可能性があります。対象となる会社や調査時期などは明確に決まっておらず、通常は電話などで調査を行う旨の通知がされ、調査する側とされる側の都合をあわせて行われます。一方で...

2022/05/12

損益の計算における発生主義・現金主義・実現主義の違いとは

企業会計では、一定の会計期間の損益を計算することを『期間損益計算』と呼びます。3月31日が決算日であれば、前年の4月1日から3月31日までの1年間が会計期間となり、その1年間の会社の収益から費用...

2022/04/05

中小企業における法人税の特例と適用期間の延長について

現在、普通法人の法人税の税率は23.2%に定められています。一方、規模の小さい中小企業は特例として『軽減税率』が適用され、800万円以下の所得に関しては、法人税率が15%に設定されています。この...

2022/04/01

給与アップで税優遇! 『賃上げ税制』の拡充で税控除率が引き上げ

企業の賃上げを促すための『賃上げ促進税制』が、令和4年度税制改正によって見直されることになりました。現行制度では、従業員の給与などを増やすと、大企業で支給額の最大20%、中小企業で最大25%を法...

2022/03/04

会社の経営状況を示す『財務三表』の目的と重要性

会社の財政状況や経営成績を表す会計資料のことを『財務諸表』といいます。財務諸表は、金融商品取引法上の呼び方で、一般的には『決算書』とも呼ばれます。この財務諸表のなかでも、『損益計算書』『貸借対照...

2022/02/04

株式譲渡にかかる税金の計算方法と注意点

企業同士の合併や買収を意味するM&Aには、事業の一部または全てを他社に譲渡する『事業譲渡』と、保有している自社株を買収会社に譲渡する『株式譲渡』があります。株式譲渡では、実質的に経営権を...

2022/01/25

企業が行う源泉徴収の範囲と源泉所得税の計算方法

その年に所得があった人が納付する『所得税』。多くの人に関わりのある税金ですが、この所得税に対し、あらかじめ給与から天引きして納める『源泉所得税』が存在します。この2つには、どういった違いがあるの...

2022/01/24

税務調査で指摘されない摘要欄の書き方を知っておこう

帳簿には取引における勘定科目や金額を記載しますが、それだけでは取引内容が把握できないため、『摘要欄』に取引先や取引の詳細など、具体的な情報を記入する必要があります。もし、この欄が空白だったり、記...

全部で52件中 1-20件を表示