Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

相続

News新着情報

2022/11/08

義両親を介護した嫁も遺産を受け取れる?『特別寄与料』について

民法上の法定相続人は配偶者、子、直系尊属、兄弟姉妹であり、『子の配偶者』は相続人ではありません。しかし、夫を既に亡くした女性が、義理の父母を長年介護してきたような場合に、まったく遺産を受け取るこ...

2022/11/07

成年後見人が行う『変更の登記』『終了の登記』とは?

わが国には、認知症や知的障害、精神障害などで十分な判断能力がない人のために、『成年後見制度』があります。この制度において、成年後見人になった人は、その人に与えられる権限の範囲や契約内容などが法務...

2022/09/20

会社を次世代につなげるために、今やっておくべき相続対策

会社経営者にとって、次の世代に会社をどうバトンタッチするかは重要な課題です。特に複数の相続人がいる場合、たとえば創業社長に配偶者がいて、子供が複数人いる場合には、社長が保有している株式をどのよう...

2022/09/16

相続発生 遺贈や生前贈与についての『特別受益』ってなに?

親が亡くなり、遺言書が残っていない場合、たとえば配偶者や子どもが相続人になることや、配偶者の法定相続分が2分の1であることは、知っている人も多いでしょう。しかし、『特別受益』や『寄与分』に関して...

2022/09/15

土地の使用用途が変わった際の『地目』変更について

土地の『地目』とは、不動産登記法によって定められた土地の『使用用途』のことです。土地の現状や利用状況によって区分されます。たとえば地目が『田』や『畑』の土地に住宅を建てることはできません。もし住...

2022/09/14

使い道のない空き家を相続してしまった際の対処法

わが国では、空き家が年々増加しており、社会問題になっています。使い道のない空き家は、固定資産税が年々かかることに加え、近隣住民から苦情が来たりとトラブルが起きやすく、なかなか一個人には手に負えな...

2022/07/21

遺言書の検認手続きとは? 必要性と申立て方法

遺言書には、『遺言書の検認』という手続きがあります。単語のイメージから、検認手続きをすれば有効性も確認できると思ってしまいがちですが、そうではありません。今回は、遺言書の検認について、必ず行うべ...

2022/06/17

土地の相続でもめないために、事前にできる対策は?

いわゆる、相続で「もめやすい」ケースとして、遺産に土地が含まれているパターンがあります。土地は、相続財産のなかでも高額になりやすく、預貯金のように簡単には分割できません。また、金銭で補償するとし...

2022/03/09

『親の土地に子が家を建てる』ことは贈与に当たるのか

子が、親の土地に家を建てて住むというのは、よくあるケースです。しかし、親とはいえど他人ということには違いありません。では、『親の土地に家を建て、仮にも自宅の敷地とする』という行為は、どのような権...

2022/03/08

抵当権設定登記が必要なケースと手続き方法

住宅ローンを組んで家を購入する際には、『抵当権設定登記』を行う必要があります。『抵当権』とは、担保として不動産を、担保提供後も所有者に使用収益させながら、住宅ローンなどの債務が万が一返済できなく...

2021/12/23

遺産分割協議書は何のためにある? その必要性と作成のポイント

相続が発生し、遺産分割協議が整った際に必要となることが多い『遺産分割協議書』。遺産分割協議書は、遺産分割協議の結果、誰がどの遺産を相続するのかをまとめて記した正式な文書であり、相続手続きなどにお...

2021/12/22

所有&相続不動産が把握できる『所有不動産記録証明制度(仮称)』

2021年(令和3年)4月、『所有者不明土地』解消に向けた不動産登記法の改正法が成立し、その際に『所有不動産記録証明制度(仮称)』が新設されました。この制度は改正法公付後5年以内に施行するため、...

2021/09/21

相続登記が義務化! 土地を国庫に帰属できる制度も

所有者がわからなかったり、所有者がわかったとしても連絡がつかなかったりする土地のことを『所有者不明土地』といいます。登記簿や課税台帳等の土地所有者がわかるデータベースが、相続の際にきちんと更新さ...

2021/07/20

遺言による株式の承継と遺留分について

事業を承継するにあたって、株式の相続は重要な問題です。特に家族経営の会社で、何の対策も取られていないままオーナー経営者が亡くなった場合、株式が遺産分割の対象となり、経営に支障をきたしてしまうケー...

2021/07/16

不動産を相続する前に知っておこう! 登記の種類と必要書類

不動産の所有者が亡くなって相続が発生したときには、亡くなった人から相続人に不動産の所有者が変わります。それに伴い、相続登記をして不動産の所有者を変更しなければなりません。相続登記にはいろいろな種...

2021/07/15

不動産が含まれる相続財産を相続人全員が納得する形で分けるには?

  相続が開始したとき、最も相続人の間で揉めるのが『遺産分割』に関することといえます。相続財産が簡単に分割できるものであればともかく、土地・建物などの分割しづらい財産があると、その分け...

2021/07/07

一部の相続人が財産を隠している……? そんな時の対応法とは

相続の際に起こりがちなトラブルとして、亡くなった方と近いところで暮らしていた親族が遺産を隠しているのではないか、と疑われるケースがあります。亡くなった方の財産の全容を、相続人全員が知っていれば問...

2021/06/14

二世帯住宅は登記に注意? 小規模宅地等の特例が適用されないことも

小規模宅地等の特例とは、一定の要件を満たした人が亡くなった人の住んでいた土地や事業地を相続すると、その土地の評価額が、最大で80%減額されるという制度です。満額の評価額に対して相続税がかかると、...

2021/01/08

ローンを完済したら速やかに『抵当権抹消登記』の申請を!

住宅ローンなどでお金を借りたときに、銀行などから設定される『抵当権』。 万が一、返済が滞ったときのために土地や建物を担保にとるもので、その土地や建物には『抵当権設定登記』という登記がなされます...

2021/01/06

【新年あけましておめでとうございます!】 再確認しよう! 相続人の範囲と相続の順位、民法上のルール

新年あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします!世界ではコロナでさらに大変となりましたが、是非とも税理士法人タクトと一緒に乗り切って行きましょう!よろしくお願いいたします!で...

全部で22件中 1-20件を表示