Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

新着情報

News新着情報

2022/11/07

成年後見人が行う『変更の登記』『終了の登記』とは? [相続]

わが国には、認知症や知的障害、精神障害などで十分な判断能力がない人のために、『成年後見制度』があります。この制度において、成年後見人になった人は、その人に与えられる権限の範囲や契約内容などが法務...

2022/11/04

個人や法人が使える主な『控除』とは [税務・会計]

個人事業主や法人が確定申告を行う際には、所得税や法人税の計算上いくつかの控除を受けることができます。たとえば、所得税は課税所得金額に税率を掛けて算出しますが、このとき、算出した所得税額から直接控...

2022/11/03

法人税の申告が間に合わないときは期限の延長を申請しよう! [税務・会計]

法人税は、事業者が自ら税務署へ申告を行い、確定した税額を納付する仕組みがあります。納税に関しては、法人税法により、事業年度終了日の翌日から2カ月以内に申告を行うように定められており、税金の納付期...

2022/11/02

30万円未満の固定資産を一括で経費計上できる特例制度について [税務・会計]

事業に使用する建物や車両、設備などの固定資産は、時間が経つにつれ価値が減っていきます。そのため、取得した年だけに経費計上するのではなく、耐用年数と同等の年数をかけて費用化します。この会計処理を『...

2022/11/01

一発免停も! あおり運転を取り締まる『妨害運転罪』とは? [法律豆知識]

運転中に車間距離を極端に詰めたり、急な進路変更などをすると、『あおり運転』として取り締まりの対象になることがあります。あおり運転は交通を妨害する行為の総称で、道路交通法では『妨害運転』と呼ばれま...

2022/10/31

もし、誤って『逮捕』されたら? 適切な対処と流れとは [法律豆知識]

日本では『逮捕』され起訴されると99.9%が有罪になるといわれています。これは身近な犯罪である『痴漢』も例外ではありません。痴漢は許されない犯罪である一方、無罪の立証が難しく、身に覚えがなくても...

2022/10/28

『いじめ・嫌がらせ』にまつわる労働紛争と企業に求められる対応 [労働法]

同僚や上司などによる職場でのいじめや嫌がらせが増え続けています。2022年7月1日に発表された『令和3年度個別労働紛争解決制度の施行状況』では、民事上の個別労働紛争における相談件数のトップが『い...

2022/10/27

役員は労災保険の対象外!? 適用されるケースとは [労働法]

労災保険とは、業務中や通勤中に発生した労働者の負傷や疾病、障害や死亡に対して、本人や遺族に保険料の給付を行う保険制度です。正式名称を『労働者災害補償保険』といい、給付は労働者災害補償保険法に基づ...

2022/10/26

積極的に中途採用に取り組む事業主に対して助成! [助成金]

少子化が進む日本では新卒人材の確保が年々難しくなっており、中途採用に目を向ける企業が増えています。その一方で、中途人材であることが理由で、雇用先が見つからない求職者も少なくありません。そうしたな...

2022/10/25

企業法務に、今後ますます必要とされる交渉力とは? [企業法務]

企業の法務担当者が取り扱う業務の一つに、契約書の確認があります。企業では、売買や業務委託のほか、買収や売却、合併や提携などにおいても契約書を取り交わしています。その際、法務担当者は、自社が不利な...

2022/10/24

契約書の意義とは? 契約書の記載事項を考えよう [企業法務]

本来契約とは、合意がとれていれば契約書なしでも締結することができるものです。一方、契約書を作成したり、書面にして捺印をしたりするには手間も時間もかかります。ではなぜ、このように面倒な契約書の作成...

2022/10/21

社会人の学び直し『リカレント教育』を企業が推進するには [人的資源]

社会人になった後にそれぞれのタイミングで学び直し、仕事で求められる能力を磨き続けていくことが、ますます重要になっています。このような社会人の学びをリカレント教育と呼び、特に、進化し続けるDX(デ...

2022/10/20

突発的な人員不足に陥ったら?『玉突き人事』のリスク [人的資源]

『玉突き人事』とは、社内において担当者がいないポジションを埋めるために、別の社員を異動させ、その空いた穴をまた別の社員で埋めていく人事異動のことです。急な欠員に対応するためには仕方がないとはいえ...

2022/10/19

浜松市中小企業等グリーントランスフォーメーション支援補助金について(税理士法人タクト 監査担当・鈴木美耶) [コラム]

こんにちは。税理士法人タクトの職員、鈴木美耶と申します。 皆様はカーボンニュートラルという言葉をご存知でしょうか。カーボンニュートラルとは、CO2の排出量とCO2吸収量を同等にし、実質CO2排出...

2022/10/18

顧客のスコアリングで効果的なアプローチを実現する [マーケティング]

顧客の属性や行動などに点数をつけ、アプローチの優先順位を決めていくマーケティング手法を『スコアリング』といいます。見込み客が大勢いる場合、参考になる指標なしにアプローチをしても時間を無駄にしてし...

2022/10/17

大口顧客を狙う『アカウント・ベースド・マーケティング』とは? [マーケティング]

BtoB企業が、取引先を開拓する手法として、数年前から注目を集めているのが『アカウント・ベースド・マーケティング(Account Based Marketing、以下ABM)』です。広く見込み客...

2022/10/14

老朽化するインフラの維持管理需要にどう対応する? [建設業]

日本における道路橋、トンネル、河川管理施設、下水道などのインフラは、1960~1970年代の高度経済成長期に集中して建造されたものが多く、今後20年間で50年以上経過する施設の割合は、加速度的に...

2022/10/13

商品の流れを最適化する『サプライチェーン・マネジメント』とは? [マーケティング]

サプライチェーンとは、原材料の調達から、商品の生産、販売、消費されるまでの一連の流れのことを指す経済用語です。このサプライチェーンを見直して管理することを『サプライチェーン・マネジメント(SCM...

2022/10/12

バーチャルオフィスを法人登記するには [企業法務]

バーチャルオフィスとは、オフィスを構えることなくビジネス用の住所や電話番号を利用できるサービスのことです。リーズナブルに利用できるため、事務所が不要なスタートアップ企業や個人事業主を中心に人気を...

2022/10/11

再確認! 発注者が『下請法』に基づいて守らなければならないこと [企業法務]

下請法とは、親事業者の下請事業者に対する、優越的地位の濫用行為を取り締まるための法律で、正式名称を『下請代金支払遅延等防止法』といいます。発注者と受注者間の取引の公正化や、下請事業者の保護を目的...

全部で415件中 21-40件を表示