Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

代表コラム

News新着情報

月次支援金については、こちら


コラム

2021/02/09

代表コラム


こんにちは!
税理士法人タクトの笹瀬です。

オリンピック組織委員会の森会長の
「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」
発言が先週から物議を醸し、話題沸騰中ですね。

みなさまはこの発言に対し、どのようにお感じに
なられたでしょうか。

「女性蔑視だ!」と怒りたい気持ちがないわけではない
ですが、それよりも私は森会長の「ゼロヒャク思考」に
危機感を感じました。

この多様性の時代に、「男性だからこう」とか「女性だから
こう」なんて単純に決めつけることはナンセンスだと
思いますし、そもそもジェンダーレスが叫ばれる今、
「男性が~」とか「女性が~」ということ自体が
かなり時代に取り残されているのでは?と心配になります。

「ゼロヒャク思考」で単純に決めつけてしまえば楽ですが、
その結果、思考が単調になって発想力も乏しくなって
しまったら、この厳しい時代を乗り切ることなんてとても無理!

自分もついつい楽な方に傾いてしまいそうになるので
気を付けないといけないな、と我が身を振り返った次第です。