Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

代表コラム

News新着情報

月次支援金については、こちら


コラム

2021/06/04

代表コラム


こんにちは!
税理士法人タクトの笹瀬です。

今日は、最近私が読んだ本のご紹介をさせていただきます。

ここで突然ですが、みなさま「幸せになりたいですか?」

たぶんほとんどの人が「はい」と答えるでしょう。

では、あなたにとって「幸せ」とは何でしょう?
どんな状態になったら「幸せ」と言えますか?

この問いに対して、間髪入れずに答えられる人は
非常に少ないのではないでしょうか。

(ただ、この問いに対して「ポン酢しょうゆ」
と答える方が一定数いることを私は知っています。
反射的に「ポン酢しょうゆ」と答えた方、
私と同世代ですね。笑)

冗談はさておき、「幸せとは何か?」がはっきり
しない状態で、幸せになれるでしょうか。
また、どんな状態になったら「幸せ」かがわから
なければ、自分が「幸せ」になったときにそれに
気付けませんよね。

本日みなさまにご紹介する本は、幸せになる方法を
現実的・具体的に示した「幸福の実用書」です。

タイトルは『THE THREE HAPINESS
精神科医が見つけた3つの幸福』(樺沢紫苑著)。

日本は、世界の幸福度ランキング(2020)で
62位。主要先進国では最低です。
経済的にはGDP世界第3位の経済大国がなぜ?

それはたぶん、私たちが信じる既存の幸せになる
方法が間違っているからなんでしょうね。

この本では、朝起きてから夜寝るまでの、実践的
で明確な「TO DO」が示されています。

コロナ禍でストレスをより強く受ける今、みなさまが
少しでも幸せを感じることができますように。