Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

代表コラム

News新着情報


経営支援情報・資金繰り表作成については、こちらです。
インボイス制度研修会については、こちらです。


コラム

2021/09/10

代表コラム


こんにちは!
税理士法人タクトの笹瀬です。

緊急事態宣言の延長が発表されましたね。
なかなか先の見えない状態が続きますが、
落ち込まないように気持ちを奮い立たせて
いきたいと思います。

さて、タクトでは業務の一環として円滑な
事業承継を行うための支援に取り組んでいます。
そのための情報収集も日々行っておりますが、
先日興味深い記事を見つけました。

タイトルはずばり『社長の平均年齢は62.49歳、
高齢の社長ほど業績悪化が鮮明に』です。

これは東京商工リサーチが、全国の社長の平均年齢
と年代別の企業業績を調査し、その結果を8月に
公表したものです。

社長の年齢別に直近の企業業績をみると、社長の高齢化
と業績不振には関連性がうかがわれます。
また、2020年に「休廃業・解散」を選択した企業の
社長の平均年齢は70歳を上回っていました。

円滑な事業承継を行うためには、後継者の選定から交代
まで数年の準備期間が必要とされます。
これまで培ってきたノウハウや歴史を絶やさないためにも
円滑な事業承継に向けた準備は急務となっています。

後継者がみつからないから事業継続を断念する、という
最悪の事態にならないためにも、早目に手を打っていただ
きたいと思います。

事業承継についてのご相談は、お気軽に担当者にお声かけ
ください。

記事に興味のある方は、全文をこちらからどうぞ。
  ↓    ↓    ↓
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20210804_02.html